2013年10月18日

沖縄 レンタカーはマツダのデミオ 海ぶどう ひめゆりの塔


二泊三日の旅行に行ってきました。

人生初の沖縄でした。

レンタカーありきの沖縄旅行でした。




久しぶりに運転したので最初かなりビビったのですが(笑)

最初の最初はなぜか発車することさえできなくて恥ずかしかったです(笑)



その内ワイパーとかライトとかサイドミラーとか、ガソリン入れる穴とか

そういったところの細かい動作も思い出しました。



マニュアルで免許とったせいか、オートマがよく分からないような

気がしていましたが、慣れると簡単ですね。




マツダのなんとかっていう軽を借りました。

やっぱり僕は車にあんまり興味がないのかもしれません(笑)

マツダのヴィッツじゃおかしいし・・・

シルバーの3972という色とナンバーだけ覚えています。




ちょうど台風が東京に来る頃には沖縄にいたので、

飛行機も飛んだし、良いタイミングでした。




海ぶどうが気に入って、毎日食べました。

ソウキそばも美味しかったです。




驚いたのは、ひめゆりの塔という

ヒロシマで言えば原爆資料館みたいなところで、

それ自体もかなり衝撃的な内容だったのですが、



その周りの施設や店があまりに商業的すぎることです。

ひめゆりとは、沖縄で亡くなった看護師の役割として

最前線で過酷な死を遂げた女学生のことです。




なのに「ひめゆりバーガー」のドライブスルーとか

「ひめゆり定食」とか、やたらクーポン渡してきたり、、、

献花ようの花も売り子のおばちゃんが商売っ気ありすぎです・・・

そんなに献花した方が良いと思うなら自分でやっといてくださいよと

言いたくなります。




もっとさり気なく、もし良かったらお花もお売りしています・・・

献花される方はどうぞ。


ぐらいがいいと思います。

この花を備えたら良いことあるよと言わんばかりの元気・・・ (o_0)




ひめゆりの塔が身近すぎて分からなくなっているのでしょうか。

次から次に何もしなくても来る観光客に売るだけ、というイヤな感じがしました。





おみやげコーナーに豚の顔を丸ごと煮込んだものがパッケージされて

パッケージにサングラスが印刷されてポップにデザインされていますが、

残酷な死を遂げた女学生のことを伝える資料館の真横で

よくもこんなものを売っているな、と驚きました。






今回はだいたい13万円くらい使ったと思います。

高いのか安いのか分かりませんが、

初日のホテルは絶景で最高でした。





追記


沖縄では軽がすごく多いと感じました。

デミオ、デミオみたいな名前でしたね。そういえば。

デミオかもしれません。

デミオデミオ。デミオがエコカーかどうかは知りませんが、

3日で3800円くらいのガソリンを使いました。



ひめゆりの塔でなければ売りまくって良いと思いますが、

ひめゆりの塔の付近だけは売り方は考えてほしいです。

ひめゆりの塔の前で海人!とか書かれたTシャツ欲しいと思いません。

「女は消耗品」と書かれたTシャツがひめゆりの塔の敷地横で

売られていました。

「ひめゆりの女学生」に喧嘩売ってるんですか・・・(o_0)

店前にお清めの塩がありましたが、まず店の中から考えた方が良いと思いました。

と、色々グチりましたが、楽しい旅行になって良かったです。
posted by ワーキングホリデーの費用・年齢・就職について at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本国内旅行